2011年07月31日

シュトゥットガルト・ワイン祭り

ハンブルクの市庁舎前の広場で開催されているシュトゥットガルト・ワイン祭り(Stuttgarter Weindorf)へ行ってきました。
シュトゥットガルト・ワイン祭り

南ドイツらしい雰囲気が演出された屋台では,
シュヴァーベン地方の郷土料理であるマウルタッシェンやシュペッツェレなどを味わうことができます。
シュトゥットガルト・ワイン祭り
シュトゥットガルト・ワイン祭り

このお祭りは今年は8月6日まで行われているようです。
シュトゥットガルト・ワイン祭り



タグ:イベント
posted by moin at 23:28 | ハンブルク・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

ハンブルク・ブランケネーゼの散策

写真の整理をしていたら,去年の夏にハンブルク郊外のブランケネーゼに行ったときの写真を見つけたので少し紹介したいと思います。

ブランケネーゼはエルベ川沿いの高台に高級住宅が並ぶ地区です。とりたてて観光名所があるわけではありませんが,曲がりくねった細い坂道に沿う美しい家並みや浜辺の散策,エルベ川の眺めが楽しめます。

ブランケネーゼ
ブランケネーゼ

ときどき出会う行き止まりも楽しみながら,どんどんと坂を降りていくとエルベ川へたどり着きます。
ブランケネーゼ

エルベ川岸から町を見上げてみると,高台に家々が並ぶ様子がよく分かります。
ブランケネーゼ

船の発着所に併設されたカフェでは,たくさんの人たちがエルベ川を眺めながら寛いでいました。
ブランケネーゼ
巨大な貨物船がハンブルク港に向かって行くのが見えました。
エルベ川と貨物船

こんなに大きな船が走る様子を見ていたら,ここが海ではなく川であるということが不思議にさえ思えてきて,改めてエルベ川の大きさを実感しました。

ブランケネーゼはハンブルク中央駅からSバーンをつかって26分で行けます。隣駅に先日紹介した鹿公園,さらにその隣駅に植物園があります。 
posted by moin at 18:49 | ハンブルク・街情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

りんご入りレバーヴルスト

20110612 004.JPG
レバーヴルストとはレバーを使ったペーストのことです。
ドイツに来るまで食べたことがなかったのですが,昨年あたりから時々パンに塗って食べています。

お気に入りは,Du darfstというブランドのレバーヴルストです。
味にいくつかのバリエーションがありますが,おすすめなのがこのリンゴと玉ねぎ入りのApfel-Zwiefel Leberwurst。

このレバーヴルストはとりわけレバーの臭みが少なくて,リンゴの甘みが感じられて美味しいです。

関連記事 (カテゴリ:ドイツの食べ物)
ライスワッフル(Reiswaffel)の食べ方
リンゴのピンクレディー
おすすめ!Lidlのスパイス
おすすめ!ドイツのポテトチップス
posted by moin at 19:57 | ドイツの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ハンブルクから日帰り旅行・ラウエンブルク

先週のラッツェブルクに続いて,エルベ河畔の港町ラウエンブルク・アン・デア・エルベを紹介します。

ラッツェブルクからラウエンブルクまでは電車で乗り換えなしの約45分です。同じ路線には,伝説の道化ティル・オイゲンシュピーゲルのゆかりの地メルンがあります。

ラウエンブルクの見どころはコンパクトにまとまっているので,短時間で観光可能です。
ラウエンブルク 駅の方から歩いていくと,Rufer(呼びかける人という意味)の銅像が出迎えてくれました。
ラウエンブルク Elbstraßeという通りには,古い木組みの家が並んでいました。
ラウエンブルク
ひとつひとつの家の装飾を目で楽しみながら通りを進みました。
写真の右の建物は昔の商人の家だそうです。スカイブルーのドアが印象的です。
ラウエンブルク こちらもElbstraßeの古い建物。
上部に荷物の出し入れ口とクレーンがついています。
ラウエンブルク部屋の中はどうなっているんだろうと思わせる,素敵なドア。

ラウエンブルクAlstes Haus
確認できるなかでラウエンブルクで一番古い市民の家。16世紀のものだそうです。


ラウエンブルク
Maria-Magdalenen-Kirche
(マグダラのマリア教会)
ラウエンブルク高台にSchlossturmという塔がありました。
昔,ここにあったお城があったそうですが,今は塔だけが残っています。
塔の上からエルベ川と町並みを眺望できます。反対側には風車が回っているのが見えました。
ラウエンブルク Fürstengartenという公園から見たエルベ川。

このほか,Kaiser Willhelm号という古い蒸気船も見どころのひとつです。5月末から9月末にかけて月に数回,観光客を乗せてエルベ川を航行するそうです。

関連記事(姉妹サイト Moin! Hamburg 〜ハンブルクと北ドイツの街〜)
【北ドイツの街】シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州
posted by moin at 18:15 | 北ドイツの街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

豪華客船クイーン・エリザベス3号がハンブルクに!

きのう,世界一有名な大型豪華客船クイーン・エリザベス号がハンブルクに寄港しました。
あいにくの曇天でしたが,ハーフェンシティ―までその姿を見に行ってきました。
20110703 015.JPG
今回ハンブルクに寄港したのは,2010年10月から運航し始めた3代目のクイーン・エリザベス号。20世紀後半を代表する客船クイーン・エリザベス2号は2008年に現役を引退し,今はドバイで海上ホテルとして使用されているのだそうです。

新しいクイーン・エリザベス号は先代よりも20000トン以上大きく,およそ2000人の乗客,1000人のクルーを乗せるそうです。

3代目のクイーン・エリザベス号がハンブルクに来るのはきのうが初めて,ということで沢山の人たちが見に来ていました。
20110703 017.JPG
これが,そのクイーン・エリザベス号。
遠くから見ただけでもその大きさに驚きましたが,近寄ってみるとさらに迫力満点。
20110703 023.JPG
船内はアールデコ調の優美な内装が施され,レストラン,劇場,図書室,美容室,病院などの施設も充実し,まるで町が丸ごと移動しているみたいです。
当然のことながら中に入ることはできないのが残念ですが,優雅な船上生活を想像せずにはいられません。

試しに遠くから撮ってみましたが,大きすぎて全体は写真に収まりませんでした。
こうやって改めて見てみると,船の全長が多きすぎて縮尺がおかしい感じすらします。
20110703 040.JPG
港湾都市ハンブルクならでは面白い経験だな,と感慨にひたりつつ,
帰りがけにハーフェンシティと倉庫街の散策も楽しみました。
20110703 045.JPG
クイーン・エリザベス号は昨日(3日)ハンブルクを出港した後,スカンジナビア半島とロシアを航行し,7月13日に再びハンブルクに寄港するようです。
(運航予定は変更する場合がありますので,もし見に行く場合は最新の情報をお確かめください。)

先月,『世界ふしぎ発見』でもこの新クイーン・エリザベスを特集したみたいです。
動画を見つけたので貼り付けておきます。


関連記事(姉妹サイト Moin! Hamburg 〜ハンブルクと北ドイツの街〜)
【観光】ハンブルク港と倉庫街
posted by moin at 19:49 | ハンブルク・街情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。