2010年11月26日

ドイツのクリスマス菓子 レープクーヘン

レープクーヘンはハチミツ,シナモン・クローブ・アニスなどの香辛料,オレンジピール・レモンピール,ナッツ類を用いて作ったお菓子です。シュトレンと並んで代表的なドイツのクリスマス菓子です。クリスマスマーケットでもよく缶入りのものを見かけるので,お土産にもおすすめです。

香辛料がたっぷり入っているため独特の風味がして苦手な方もいるかもしれませんが,私はこれを食べると楽しいクリスマスの時期が来たことを実感できるので,毎年買ってみることにしています。
111.JPG
今年はレープクーヘンの本場ニュルンベルクにあるHaeberlein-Metzger社のFeine weiche Oblaten - Lebkuchenを買ってみました。

117 (2).JPG  チョコレートでコーティングしたもの,アイシングしたもの,プレーン(?)の3種類が2個ずつ入っています。

一番気に入ったのは,チョコレートでコーティングしてあるもの。香辛料入りのお菓子に慣れていない方でも,チョコレートの味が加わって食べやすいのでおすすめです。

裏についている厚いオブラートがまた,ウエハースみたいで美味しかったです。レープクーヘンの生地はとても柔らかいので,オブラートの上に乗せて焼きあげるそうです。
 117 (3).JPG 117.JPG
 ↑ 裏側 ↑ 断面

レープクーヘンといえばドイツの屋台でよく大きなハート型のを見かけますが,
220px-Lebkuchenherzen.jpg 画像:Wikipediaより(Photo by Deenee) 
こういう飾りやお菓子の家(Hexenhaus)にはとても固いレープクーヘンが使われます。基本的に食用ではないので,食べられません。

それとは別にクッキーくらいの固さのタイプもありますが,私は今回食べたような柔らかいタイプの方が好きです。

レープクーヘンのなかでもナッツがたっぷり入っていて,柔らかい食感に仕上げたものをエリーゼン・レープクーヘンといい,この商品もそうだと思ったのですが,Haeberlein-Metzger社のHPでは,エリーゼン・レープクーヘンとは別の区分になっていました。

手作りしてみるのも面白そうです。
↓参考レシピ
Cpicon エリーゼンレープクーヘン☃【ドイツ料理】 by Engel

日本でも購入できるところもあるみたいです。

本場ドイツから【限定販売】Mini Elisen Dose/ミニエリーゼンドーゼドイツのお菓子レープクーヘ...

*********************************************

お菓子の家 
←おととし作ったレープクーヘンのお菓子の家(魔女の家 Hexenhaus)。スーパーやデパートのお菓子売り場にお菓子の家用のキットが売っているのでアイシングでくっつけてデコレーションするだけで簡単に作れておすすめです。

関連記事
クリスマスのお菓子 Mazipan Kartoffeln


posted by moin at 00:19 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。