2011年06月05日

ハンブルクからの日帰り旅行:フーズムとフレンスブルク

前回の記事で,ハンブルクからの日帰り旅行でグリュックシュタットを訪れ,マチェス(若ニシンの塩漬け)を食べた話をしましたが,今回はそのあとに訪れたフーズムとフレンスブルクについて簡単にご紹介します。

まずは,フーズム。
こちらもグリュックシュタットと同様に小さな町ですが,可愛らしい町並みが印象的でした。

フーズム 

フーズムの港です。

カラフルな建物が並んでいます。




港周辺には魚料理のレストランが並んでいて観光客で賑わっていました。

港に面した通りの裏手にWasserreiheという静かな通りがあります。
たまたま通りかかっただけだったのですが,よく手入れされた古い家々が並ぶ,素敵な場所でした。
フーズム

聖マリエン教会とレンガ造りの古い建物です。
フーズム

フーズムはクロッカスで有名な町でもあります。
早春,Schlossparkという公園で,一面にクロッカスが咲き乱れます。


フーズムの次は,ドイツ最北の町フレンスブルクを訪れました。
デンマークとの国境が近いため,デンマークの国旗が飾られていたり,案内表示がドイツ語・デンマーク語両方で書かれていたりしたのが興味深かったです。
フレンスブルク

フレンスブルク
聖ニコライ教会の尖塔 
フレンスブルクは町並がとても美しくて,凝った装飾の建物も多く,想像していた以上に賑やかな町でした。



フレンスブルクは港も見どころのひとつなのですが,時間が足りなくて行くことはできませんでした。
フレンスブルクからバスで30分くらいの郊外にある,グリュックスブルク城も有名です。湖の上に浮かぶルネッサンス様式のお城で,北ドイツの名城のひとつに数えられています。ハンブルク近郊のアーレンスブルク城はこのお城を手本にして建てられたと言われています。

8.JPG (←車窓からの眺め)


紹介したグリュックシュタット,フーズム,フレンスブルクはすべてシュレスヴィヒ・ホルシュタインチケットを使って電車でまわりました。

シュレスヴィヒ・ホルシュタインチケットのような各地域ごとの一日券,レンダーチケット(Länder-Tickets)はとても便利なので,私は日帰り旅行の時にいつも利用しています。

ただし使える時間帯が限られていたり,ICやICEには乗れない,などの制約があるので注意が必要です。初めて使う方は事前によく利用方法を確認されたほうが良いと思います。(参考:DBのLänder-Ticketのページ)

ハンブルク周辺では他にニーダーザクセンチケット,メクレンブルクフォアポメルンチケットがあります。

 


ご参考までに,
姉妹サイトのこちらのページ↓で北ドイツの街を紹介しています。
http://moinhamburg.seesaa.net/category/8249829-1.html


posted by moin at 23:37 | 北ドイツの街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。