2011年07月07日

ハンブルクから日帰り旅行・ラウエンブルク

先週のラッツェブルクに続いて,エルベ河畔の港町ラウエンブルク・アン・デア・エルベを紹介します。

ラッツェブルクからラウエンブルクまでは電車で乗り換えなしの約45分です。同じ路線には,伝説の道化ティル・オイゲンシュピーゲルのゆかりの地メルンがあります。

ラウエンブルクの見どころはコンパクトにまとまっているので,短時間で観光可能です。
ラウエンブルク 駅の方から歩いていくと,Rufer(呼びかける人という意味)の銅像が出迎えてくれました。
ラウエンブルク Elbstraßeという通りには,古い木組みの家が並んでいました。
ラウエンブルク
ひとつひとつの家の装飾を目で楽しみながら通りを進みました。
写真の右の建物は昔の商人の家だそうです。スカイブルーのドアが印象的です。
ラウエンブルク こちらもElbstraßeの古い建物。
上部に荷物の出し入れ口とクレーンがついています。
ラウエンブルク部屋の中はどうなっているんだろうと思わせる,素敵なドア。

ラウエンブルクAlstes Haus
確認できるなかでラウエンブルクで一番古い市民の家。16世紀のものだそうです。


ラウエンブルク
Maria-Magdalenen-Kirche
(マグダラのマリア教会)
ラウエンブルク高台にSchlossturmという塔がありました。
昔,ここにあったお城があったそうですが,今は塔だけが残っています。
塔の上からエルベ川と町並みを眺望できます。反対側には風車が回っているのが見えました。
ラウエンブルク Fürstengartenという公園から見たエルベ川。

このほか,Kaiser Willhelm号という古い蒸気船も見どころのひとつです。5月末から9月末にかけて月に数回,観光客を乗せてエルベ川を航行するそうです。

関連記事(姉妹サイト Moin! Hamburg 〜ハンブルクと北ドイツの街〜)
【北ドイツの街】シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州


posted by moin at 18:15 | 北ドイツの街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。