2011年01月17日

お土産にハリボーのミックスパック

HARIBO Kinder Parade
ドイツ土産の定番HARIBOのグミはとてもたくさんの種類があって迷うところですが,このKinder-Parade は5種類の小袋が入っているので,色々試してみたい方におすすめです。

スーパーではあまり見かけませんが,ハンブルクのカールシュタットのお菓子売り場で見つけました。
HARIBO Kinder Parade
Gold Bären, Happy Cola, Schnuller, Schnecken, Popの5つの味。
袋によって違うかもしれませんが,私が買ったのには21個の小袋が入っていました。

この中のシュネッケン(Schunecken)は日本では世界一不味いと言われてしまっているカタツムリ型の真っ黒なグミです。私も評判通りの味に衝撃を受けました…シュネッケンはラクリッツと呼ばれるお菓子の一種だそうで,リコリスという甘草の一種エキスが入っていて体にはよさそうです。小袋なので試しに一度食べてみたい!という方にはちょうどいいのではないかと思います。
HARIBO Saft Baren
ちなみに私はHARIBO全体のなかではSaft Bärenがちょっと柔らかめでジューシーなので好きです。コレ→









posted by moin at 19:45 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

おすすめハンドクリーム!ニュートロジーナ

ノルウェーのハンドクリーム
ニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラ
Neutrogena Norwegian Formula

ドイツのものではないのですが,このハンドクリームはおすすめです。
ドイツに来てからひどくなっていた手荒れが,これを使ってからなめらかに整うようになりました。

いてつくような冬の寒さのなかで漁をするノルウェーの漁師からヒントを得て開発されたハンドクリームなのだそうです。

塗った直後は少しベタつくような感じもあるけど,よく塗りこんでいくと,サラサラ,すべすべのなめらかな手に!
そしてそのしっとり感は持続します。保湿成分が浸透して,潤いが長時間持続されるという点が,このハンドクリームの最大の特徴のようです。
無香料でちょっとのびが悪いですが,実用的なハンドクリームという感じがして悪くないと私は思います。

日本でも評価が高まっているみたいですが,ドイツでも人気の定番商品です。正確な値段を忘れてしましましたが,日本よりもずっとずっとお手頃価格だったと思います。
タグ:おすすめ
posted by moin at 19:12 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

悩み解決!ドイツのおすすめサランラップ

ささいなことなのですが…

ドイツのサランラップの使いにくさにずっと悩まされていました。

まず,「ラップが引き出しにくい」。そして「切れない」。うまくラップを引き出せないからいつも箱をしっかり持って一生懸命引っ張ろうとするがゆえに,だんだん箱が壊れてさらに使いづらくなるという悪循環。

料理するたびに人知れずイライラ…

それが,ドイツで展開する大手スーパーLidlのラップに出会ってから悩みが95%くらい解決しました!
Lidlのサランラップ
もちろん日本のラップの品質には及ばないけれど,サッと引き出し,パッと切れる。
解決していない悩みの5%は皿への密着性ですが,これまでの使いづらさを考えればそんなことは大した問題ではありません。

あくまで私個人の感想であり,すべての方に同意して頂けるか分かりませんが,Lidlのラップはおすすめです。
タグ:おすすめ
posted by moin at 22:03 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

ドイツのクリスマス菓子 レープクーヘン

レープクーヘンはハチミツ,シナモン・クローブ・アニスなどの香辛料,オレンジピール・レモンピール,ナッツ類を用いて作ったお菓子です。シュトレンと並んで代表的なドイツのクリスマス菓子です。クリスマスマーケットでもよく缶入りのものを見かけるので,お土産にもおすすめです。

香辛料がたっぷり入っているため独特の風味がして苦手な方もいるかもしれませんが,私はこれを食べると楽しいクリスマスの時期が来たことを実感できるので,毎年買ってみることにしています。
111.JPG
今年はレープクーヘンの本場ニュルンベルクにあるHaeberlein-Metzger社のFeine weiche Oblaten - Lebkuchenを買ってみました。

117 (2).JPG  チョコレートでコーティングしたもの,アイシングしたもの,プレーン(?)の3種類が2個ずつ入っています。

一番気に入ったのは,チョコレートでコーティングしてあるもの。香辛料入りのお菓子に慣れていない方でも,チョコレートの味が加わって食べやすいのでおすすめです。

裏についている厚いオブラートがまた,ウエハースみたいで美味しかったです。レープクーヘンの生地はとても柔らかいので,オブラートの上に乗せて焼きあげるそうです。
 117 (3).JPG 117.JPG
 ↑ 裏側 ↑ 断面

レープクーヘンといえばドイツの屋台でよく大きなハート型のを見かけますが,
220px-Lebkuchenherzen.jpg 画像:Wikipediaより(Photo by Deenee) 
こういう飾りやお菓子の家(Hexenhaus)にはとても固いレープクーヘンが使われます。基本的に食用ではないので,食べられません。

それとは別にクッキーくらいの固さのタイプもありますが,私は今回食べたような柔らかいタイプの方が好きです。

レープクーヘンのなかでもナッツがたっぷり入っていて,柔らかい食感に仕上げたものをエリーゼン・レープクーヘンといい,この商品もそうだと思ったのですが,Haeberlein-Metzger社のHPでは,エリーゼン・レープクーヘンとは別の区分になっていました。

手作りしてみるのも面白そうです。
↓参考レシピ
Cpicon エリーゼンレープクーヘン☃【ドイツ料理】 by Engel

日本でも購入できるところもあるみたいです。

本場ドイツから【限定販売】Mini Elisen Dose/ミニエリーゼンドーゼドイツのお菓子レープクーヘ...

*********************************************

お菓子の家 
←おととし作ったレープクーヘンのお菓子の家(魔女の家 Hexenhaus)。スーパーやデパートのお菓子売り場にお菓子の家用のキットが売っているのでアイシングでくっつけてデコレーションするだけで簡単に作れておすすめです。

関連記事
クリスマスのお菓子 Mazipan Kartoffeln
posted by moin at 00:19 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

クリスマスのお菓子 Mazipan Kartoffeln

クリスマスの時期になると,スーパーに並ぶこのお菓子。
026.JPG
Marzipan Kartoffeln

日本語にすると「マジパンじゃがいも」ですが,じゃがいもの形をしているというだけでイモは入っていません。

写真はZentisというメーカーのもの(100g入り,59セント)ですが,ドイツのマジパン発祥地リューベックのメーカー「ニーダーエッガー」のものが有名です。

日本ではあまりマジパンに対する評価は高くないと思いますが,ドイツ人はマジパンを好んで食べるようです。マジパン入りのチョコレートやシュトレン,マジパンを使ったクッキーやケーキもあります。

マジパンとはアーモンドと砂糖を混ぜたもの。ドイツのマジパンはアーモンドの比率が高く,しっとりしていて日本のマジパンとは別物です。
029.JPG
さて,このMarzipan Kartoffelnはまわりにココアパウダーがまぶされたボールの形をしたマジパンです。触感はしっとりとしていて,固めの餡子のような感じです。アーモンドが入っているため,杏仁豆腐のような味がします。

独特の風味のため好き嫌いは分かれそうですが,甘いものが好きな方にはおすすめです。
posted by moin at 23:42 | お気に入り&おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。