2011年06月09日

ハンブルクの白鳥,ただいま子育て中

ハンブルクのマスコット的存在の動物といえば,白鳥。
市庁舎前の運河やアルスター湖で,その姿を見られます。
その白鳥が子育てをしているという,アルスター公園へ白鳥のヒナを見に行ってきました。

広い園内をウロウロと探し歩いてようやく白鳥たちの姿を見つけたのは,この池でした。
20110608 009.JPG

親が子を守るように,親・子・子・子・親という順番で,きちんと整列して泳ぐ白鳥たち。
20110608 023.JPG
6羽のヒナを連れていました。

一生懸命親の後についていくヒナたちの姿がいじらしい。
20110608 029.JPG
20110608 035.JPG
この後,白鳥親子は外アルスター湖の方へ移動し,生い茂る植物に隠れて見えなくなってしまったので,観察できたのはほんの5分くらい。
成長過程を観察しにまた見に行きたいけれど,出会えるかどうかは運次第なのかもしれません。

白鳥の他にもガンやカモなど,色々な鳥たちが子育てをしている姿を見られました。
こちらはハイイロガンの親子。
20110608 041.JPG
ヒナたちは親とあまり変わらないくらいの大きさなのに,ピヨピヨと鳴いているのが何だかアンバランスで可愛らしかったです。
この家族連れは子だくさんらしく,12羽も子供を連れていました。
20110608 047.JPG

珍しい色のカモも見つけました。黒っぽい緑色のカモなんて見たのは初めて。
20110608 066.JPG

アルスター公園については姉妹サイトでも紹介しています。
http://moinhamburg.seesaa.net/article/152352071.html
外アルスター湖沿いの広々とした公園で,春には桜の花を楽しめます。



タグ:動物
posted by moin at 18:37 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

ドイツのハリネズミ

前回の記事の続きです。

ハンブルクの鹿公園でハリネズミに出会いました。

かわいい鹿やクジャクをひととおり見終わり,満足して帰ろうとしていたところ,茂みのほうからガサガサという音がしてきました。

何だろう,とそちらに目をやると小動物の姿が…
ドイツのハリネズミ

野ウサギか鳥かなと思ったのですが,

よく見るとハリネズミでした!

ドイツのハリネズミ

おそるおそる近づいてみると,ハリネズミは針を立てて警戒している様子でしたが,
しばらくじっと眺めていると,

ドイツのハリネズミ

いつの間にか寝ていました。

それはもうスヤスヤと…
臆病な動物だと思っていたのに,警戒心のないハリネズミの姿にとても驚きました。

時々,うす目を開けてこちらをみていたので,
眠りを妨げられてさぞ迷惑だったでしょうが…
ドイツのハリネズミ

お陰でかなり近くから写真を撮らせてもらえました。
後から調べてみたら,ハリネズミは夜行性だそうなので,この時は眠くて眠くて仕方がなかったのかもしれません。

ドイツでは時々野生のハリネズミを見ることができる,といつかどこかで聞いて以来,ずっと出会える日を楽しみにしていました。

それがこんなに間近でじっくり観察できるとは思いませんでした。

欲を言うと,今度は歩いているところも見てみたいです。
タグ:動物
posted by moin at 00:02 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

夕暮れの教会と野ウサギの親子

雨上がりの夜,ふと思い立って散歩に出ました。
行き先も決めずに歩き始めましたが,いつの間にか教会に足が向いていました。
148.JPG

141.JPG

教会の庭になにかがいそうな予感が。
134.JPG

薄暗いので目を凝らしてよく見ると,
131.JPG
やっぱり。野ウサギの親子がいました。
夜なので画像が不鮮明ですが,子ウサギが2羽と,

130.JPG
子ウサギを見守る親ウサギ。

野ウサギはドイツではとても身近な動物です。ちょっとした芝生や草地があり,身を隠せる茂みが近くにある場所では,かなりの確率で見つけられます。臆病な動物なので,時間帯は朝や夜の方が見つけやすいようです。

今週あたりからハンブルクはまるで秋のように肌寒い気候になり,ドイツの短い夏ももう終わりなのだろうかと,ちょっとした寂しさを感じていたのですが,
一日雨が降り続き,部屋に引きこもったこんな日は,ひんやりと冷たい空気のなかの散歩もなかなか良いものです。
137.JPG



ハンブルクで出会った野ウサギについての過去の記事です。
arrow0613.gif 野ウサギに遭遇 
arrow0613.gif 逞しく生きる野ウサギに感動!
タグ:ウサギ 動物
posted by moin at 18:39 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

ツバメの巣 その後

5月の下旬にハンブルクの市庁舎ちかくのアーケードにツバメが巣作りをしているのを見つけてから,1ヶ月半が経ちました。(→その記事はこちら)最後にツバメの巣を見たのは,スズメに巣を乗っ取られてピンチ!な状況の時でした。(→記事はこちら
ツバメは無事だろうか?その後,アパートの部屋の窓からツバメが空を舞うのを見るたびに,市庁舎ちかくに巣を作ったツバメたちの事が気になりつつも,なかなか見に行けずにいました。

そして先週の金曜日,久しぶりにアーケードに行ってみたら,
147.JPG

ツバメはいました!ヒナも生まれ,既にかなり大きくなっています。
↓画像が鮮明でないので見にくいですが,巣の穴から2羽のヒナがひょっこりと顔をだしています。
145.JPG

巣立ちはいつでしょうか?結構大きかったのでもうすぐ巣立ちなのかもしれません。
143.JPG

タグ:動物 ツバメ
posted by moin at 19:55 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

逞しく生きる野ウサギ

またまた,野ウサギに遭遇しました。(前回の記事はこちら

先日の夜の10時頃,
プランテン・ウン・ブローメン公園に噴水ショーを見に行く途中,
黒っぽい動物がすごい速さで道を横切って茂みに消えていきました。
その姿を追ってみたら,
004 (2).JPG
線路端の茂みの中に野ウサギを発見。
このウサギたちはどうやらここで暮らしているようです。

006.JPG
ウサギ(右下)はIC列車がすぐ横を通り過ぎても,平然としていました。

さらに驚いたことに,このウサギの近くに子ウサギたちの姿も見られました。
子ウサギたちは低木の下で戯れていて,それはそれは可愛らしかったのですが,残念ながら周囲が暗くすぎて写真にうまくおさめることはできませんでした。

こんな環境でも逞しく生き,子育てまでする野ウサギにちょっとした感動を覚えました。

タグ:ウサギ 動物
posted by moin at 17:34 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。